Monthly Archives: 2月 2018

愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分

車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りというものがあり

愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、個人間の取り引きの方が一番双方にとって得をする方法です。

しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。 Read more »

車査定では、走行距離の長い車であるほどマイナス要因と

検索サイトで「車査定 相場」というキーワードを入力

車査定では、走行距離の長い車であるほどマイナス要因となります。

走行距離10万キロを超えた車は、希少価値があって、高い相場で買い取れる車種でも、ほぼゼロ円に近い値段だと予想するのが妥当です。 Read more »

自動車業界が考える標準的な年間走行距離は

自動車に掛かる税金の話をすると、毎年4月1

自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。 Read more »

増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少

大抵の場合、買取の査定で有利になる車といえばまず

増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少ないですから、査定を受けても買取店によって額は相当開きが出ます。

買い叩きに近いような状態になってしまうこともあるようです。 Read more »

車査定の前に、車検証と自動車納税証明書を揃えておいて

軽自動車税でも結構高い昨今、中古車も高い人気があります。付

車査定の前に、車検証と自動車納税証明書を揃えておいてください。

そして、車の内外をもう一度見直しましょう。 Read more »

車査定の前には、こんなことに気をつけてください。一社の

所有する車を買取に出そうと考えたときにお勧めでき

車査定の前には、こんなことに気をつけてください。一社のみの査定で、安易に売却してはいけません。 Read more »

往々にして話題になる事柄といえば、車買取に

ずっと乗用していた車を買取に出した後、新車が納車されるまで

往々にして話題になる事柄といえば、車買取に関してのいざこざです。このことについては、決して「対岸の火事」ととらえることはできません。 Read more »

走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して

現物査定を受ける場合、新品に近いタイヤであれば買

走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。 Read more »

車のローンを払っている最中というのは、クルマそれ

インターネットを利用して知ることがかぬな中古車の

車のローンを払っている最中というのは、クルマそれ自体が担保の役割をしています。

現在ローンしている車を売却する場合、所有権を得るために、残債を清算しなければなりません。 Read more »

車を売買契約した後に買取の値段を減額されてしまっ

年度末で商戦華やかな3月と、夏のボーナスのあ

車を売買契約した後に買取の値段を減額されてしまったり、クーリングオフ不可というトラブルも結構、頻繁に発生しています。契約書を詳細に読んでおかないと後になって困るのは自分なので、面倒だと思わず読むようにしてください。 Read more »